ディズニーが好きになるメディア

アウラニに行ってきました②

前回の続きです。

今回は実際に言った感想などを。

ディズニーな要素

さて、実際にアウラニを訪れてみて感じた事は、割とディズニー感が少ないって事ですかね。あくまでハワイ文化のリゾートといった感じで、いわゆる日本人がイメージするハワイ、例えばビーチやヤシの木や火山やプールやハワイアンミュージックやそういった物がすべて入っている感じですね。

Aulani-04

それでももちろんディズニー要素はあるよ。たとえばこんな木の彫刻が。可愛い。

Aulani-05

みんな大好きミッキーさんはアロハシャツで登場。子供向けのパーティーしてた。他にもディズニーキャラクターでは、ミニー、ドナルド、グーフィー、チップ、デール、ダッフィー、スティッチとかなり豪華。ただでさえアウラニは日本人比率高いのに、キャラクターグリーティングの周りはさらに日本人だらけなのは気にしない気にしない。ちなみにそれを見越してなのか、アウラニには日本語を話せるスタッフがロビーにたくさんいたり、ほぼすべての文に日本語表記があった。もちろんワイキキとかの市街地も日本語表記多いけど、それよりも多かった印象(どんだけ日本人って英語下手なんだよ…)。なので、海外ディズニーパークに行きたいけど英語が自信無い…って人にはいいかもね。まあ話せるに越したことは無いですけどね!(ブーメラン)

Aulani-06Aulani-03

細かいこだわり

そしてリゾート内にはお察しの通り隠れミッキーが多数存在しています。そしてアウラニには、他のパークには無い細かい演出が沢山あります。例えばこの写真の岩。よく見るとサメの横顔が見えてきませんか?このように動物の形が刻まれている岩が、リゾート内に50個ほどあるらしい。ってガイドツアー受けたら教えてもらったので、もし行ったら絶対ガイドツアー受けてね。タダだし。

Aulani-07

そしてリゾート内にはメネフネと呼ばれるハワイの小人族がたくさん住んでいます。伝説では彼らは土木技術に優れていて、どんなものでも基本一晩でそれを作り上げてしまうとか。リゾート内にはおよそ300人のメネフネがいて、そのメネフネ探しをゲームまであるので行った際にはやってみてね。タダだよ。

 

さらに素敵なのはリゾート内で流れてる音楽。Keali’i Rachealというハワイのアーティストが歌っている曲で、どれも気分を高めるような素晴らしい音楽。CDも発売中なので、みんな買ってね!

でも…

まあ、このようにディズニーの良さとハワイの良さを融合させたような素晴らしいリゾートなんですけど、一つ文句を言うとしたら値段が高い!もちろん円安とかの影響だったり、アメリカがインフレしているなどの理由もあるんだけど、それでも高い。他のディズニーリゾートだと、ホテルが何個もあってそれぞれで値段層が分かれてるんだけど、もちろんアウラニは一つしかホテルが無いので超高い。expediaとかで検索してみたら分かると思う。そして食事もすごく高い。何の変哲もない食事で1回日本円換算8000円とかしてびっくり。まあ美味しいんだけど。でも高い。

結論

とにかく、アウラニはハワイの文化やスタイルをディズニー流に取り入れた素晴らしいリゾートで、ディズニー好きでもそうでなくても楽しめるリゾートとなっています。自分はそこまでミッキーとかのキャラクターに夢中では無いけど、その辺が好きな人は本当に歓喜なんだろうなー。そしていたるところにディズニー流のこだわりを感じられる、素晴らしいリゾート。一回行ってみる価値はあるよ。高いけど!

Aulani-02

by
ディズニーチャンネルが大好きな男の子。座右の銘は「Dreamers Need To Stick Together」。
SNSでフォローする